貧乏遊酔の『お笑い免疫力向上PROJECT』

笑いは、心と身体の免疫力を高め、病気まで直してしまいます。

2016年03月

世の中は、笑わせてナンボやで!

いまの嫁はんとつき合っている時、
前の嫁はんはいませんが、
家まで送っていく道で歌を唄ってあげました。

私は若干歌が上手いので、
わざと感動するような唄い方をしました。

その歌がこれ。

♪勇敢に戦った男がいた 人生を戦った男がいた
 自由のために 愛のために
 君は何にかけ 何と戦うか
 たったひとつの この命を
 はるかなる愛に かけて戦う
 それだけでいいのさ
 おれは おれは 仮面ライダー♪

大爆笑させました。

関西人のコミュニケーションは、
“笑わせてナンボ”です。

笑っていれば、それで幸せ。
人生には、笑いがいっぱい。

いまのあなたに笑いが足りないというのなら、
あなたが笑いを作ればいい。

それができないのなら、
笑いのある場所に移ればいい。

できないことは何もない。とは思わないけど、
できるかもしれないのなら、やってみればいい。

「Changes for the Better」

それ、三菱電機!

Let's begin! さぁ、唄おう!

♪君は何を今
 (見つめているの)見つめているの
 (若い悲しみに)若い悲しみに
 (濡れたひとみで)濡れたひとみで
 (逃げてゆく白い鳩)逃げてゆく白い鳩
 (それとも愛)それとも愛
 (君も今日からは)君も今日からは
 (ぼくらの仲間)ぼくらの仲間
 (とびだそう)とびだそう
 (青空の下へ)青空の下へ♪

みんな、青春しようぜ!

リンゴをかじると……。

昔。
TV「リンゴをかじると、歯茎から血がでませんか?」
私「ハイ、大丈夫です!」

今。
TV「リンゴをかじると、歯茎から血がでませんか?」
私「かじることができましぇ〜〜ん!」

 

ステーキを求めて……。

情報サイトを見ていたら、
「ステーキを美味しく焼くポイント」
という記事があった。

あ゛ぁ゛ーーっ、貧乏人をナメんなよ、こらっ!
と、感情的になってしまいました。

当然、読むだけムダなので、スルーしましたけどね。

最後に家でステーキなどというものを食べたのは、
いつのことだろう。

確か、嫁はんがスーパーのガラガラ抽選で、
ステーキ肉を当てたのが最後だったはず。

もう10年以上前かぁ〜。

ぽたっ………ぼ、ぼくは大丈夫です。

ステーキなんて、ステーキなんて、
……いらないやい!

♪あたたかい人の情けも~ 胸を打つ熱い涙~も~
 知らないで育った僕は みなしごハッチさ~♪

♪ステーキ ステーキ どこにいるの
 ステーキ ステーキ ひと目あいたいの ぼく♪

ハッチはママを捜しに行きますけど、
ママは子どもが数千匹から数万匹もいるのに、
ハッチの顔を覚えているんでしょうか。

ありえねぇ〜。
私がステーキ屋さんに行くぐらい、ありえねぇ〜。

なによ! そんな言い方ってないと思うわ!

いつかは、ステーキ屋さんに行ってやるから、
見てろよ!

見ないよ!

コテッ!

そう言えば、
どうでもいいクリスマスの時季になると、
お店では必ず、山下達郎の「クリスマス・イブ」
がかかっています。

「ボキャ天」世代の私は、
決まってあの歌詞が頭の中をグールグル。

♪兄は夜更け過ぎに 雪絵と変わるだろう
 おおお〜♪

あぁ〜、一生頭にこびりついて、離れないのね。

 
人気ランキング
ポチッとしてくれたら、
めっちゃうれしいな。


プロフィール
楽しい生活プランナー
田舎暮らしアドバイザー・遊酔

さまざまな仕事をしながらも、なぜか貧乏。田舎に移住して、笑って暮らす。嫁と息子、ワン公との3人+1匹暮らし。お金がなければ、自分でやる!を基本姿勢として、たくましく生きている。DIYアドバイザーの資格を持ち、いろんなものを自分で作り、遊ぶ。
  • ライブドアブログ