貧乏遊酔の『お笑い免疫力向上PROJECT』

笑いは、心と身体の免疫力を高め、病気まで直してしまいます。

2015年05月

大阪版「桃太郎」。

つうことで、大阪版「桃太郎」。

どういうこと?


むかしむかし、あるとこに、
じいちゃんとばあちゃんが住んどったんやて。

じいちゃんは山に柴刈りに、
ばあちゃんは川に洗濯にいったそや。

ばあちゃんが洗濯しとったら、川の上の方から、
よいとせのこらせのよいとせのこらせと、
めっちゃおっきい桃が流れてきたんや。

ばあちゃんは考えよった。

こんなおっきい桃やったら、
大阪市内持っていったら、
ごっつい高こう売れるんとちゃうの。
こら、持って帰らなあかん。

ばあちゃんは、おっきい桃を
「よいしょ、あ忙し、あ忙し」と、
大阪市内に持っていったんやと。

道端で売っとったら、
金持ちそうな金太郎とか言うおっさんが、
「これ、なんぼや?」と聞いたから、
ばあちゃんは「このおっさん、金持ってそうやな」
と思って、3000万円と吹っ掛けたんや。

そしたら、金太郎は
「現金で払うから、2990万円にしてくれ」
と言うたから、
ばあちゃんは「まぁ、ええわ」言うて、
大儲けしよった。

タダで拾たもんが、2990万円で売れたんや。
これは、ウホウホや。

ばあちゃんは、じいちゃん捨てて、
悠々自適の生活をおくったそうや。

おっきい桃を買うた金太郎は、
大阪で開かれた万国博覧会に
この桃を出品して、入場料で1億円儲けたそうや。

さすが大阪人や。ふたりとも金儲けがうまいわ。

ばあちゃんが桃を切って、
中から桃太郎が出てきたら、
そんなん将来は不良になってたかもしれんしな。

苦労して育てるより、金に換えた方が得や。

金太郎も金持ってるからって食べんと、
見せもんにするやなんて、エラいわ。
7010万円の儲けや。

万博終わった後は、ちょっと桃が傷んできたから、
梅田の地下のジュース屋さんに売ったそうや。

古なってたから、フレッシュジュースって言うより、
ネクターみたいになってたけどな。
まぁ、飲めるわ。

これで、ジュース屋さんも儲けたがな。

まるう、治まったな。

えっ、桃太郎はどこいったって?

あんたの胃袋や。……ブラーック!

孫との再会!?

リサイクルショップで聞いた、
若いお母さんと小さな女の子の会話。

女の子「あっ、アンパンマンや!」

お母さん「アンパンマンやなぁ〜」

女の子「これ、何するもん?」

お母さん「えぇ、これ何やろ? わからへんなぁ〜」

その商品を見た私。

ぎょえええぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
ジェ、ジェ、ジェネレーションギャップ!

ポップアップ式トースターでした。

そりゃ、そうかもしれません。
雑貨に興味がなければ、
ポップアップ式のトースターなんて、
知らないはずです。

何てことだ! 自分の年齢に打ちのめされました。

そのお母さんは、
私の娘でもおかしくない年齢だと思います。

ということは、女の子は私の孫なのか。

生まれてからずっと会わせてもらえなかった、
私の孫。
ずっとずっと会いたかった、孫。

こんなところで出会えるとは。

あぁ〜、何て可愛いんだ。
私がおじいちゃんだよ。

だっこさせておくれ。

すまなかったなぁ〜。私が意地を張ったばかりに。

……おいおい、どこまで行くねん!


それでは、北島三郎のモノマネをします。

♪はるばるきたぜ 鮭茶漬け
 さかまく波を 海苔茶漬け
 あとは追うなと 梅茶漬け
 うしろ姿で泣いてた 鯛茶漬け
 おもいだすたび 野沢菜茶漬け
 とても我慢が たらこ茶漬けよ〜♪

う〜ん、お上手!

ほんまかいな。

ちらし寿司を作る際、
「何を入れるんやったかなぁ〜」と
思い出せない時は、
北島三郎の「すし太郎」の歌を唄います。

♪ちらし寿司なら このすし太郎
 あったかご飯に混ぜるだけ ちょいとすし太郎 
 にんじん しいたけ れんこん かんぴょう
 海苔もついてる すし太郎〜♪

ってね。

ちらし寿司が好きです。
恐ろしいほど、食べます。

だから、お腹が出るんです。クゥ〜!

寿司屋のつまらない会話。

寿司屋の大将とお客さんのつまらな〜〜〜い会話。

大将「らっしゃい。こちらのお席にどうぞ!
   はい、あがり!」

お客「ええぇぇ〜〜、まだサイコロ振ってないよ」

大将「双六じゃありませんよ。お茶です」

お客「僕、まだ若いんですけど」

大将「おっちゃんとも言ってません」

大将「何から握りましょう」

お客「え〜と、今日のおすすめは?」

大将「ピッチピチのカンパチはどうです?」

お客「じゃあ、他のネタは古いの?」

大将「そうじゃないですけど、
   特にカンパチは活きがいいんです」

お客「3年B組!」

大将「カンパチ先生! やらせないでくださいよ」

お客「大将もノリがいいねぇ」

大将「寿司屋だけにね」

お客「何、そのどや顔」

大将「で、カンパチでよろしいですかい?」

お客「なんか、JALの機内で食べられる
   麺類みたいだね」

大将「何のことです?」

お客「“そばですかい”“うどんですかい”
   “らーめんですかい”“そうめんですかい”
   って言うカップ麺があるんだよ」

大将「・・・・・」

大将「で、何を握りましょう」

お客「そうだ、カツオ」

大将「ヘイッ!」

お客「大将、ソウダガツオと
   掛けてるんだから、笑ってよ」

大将「あっ、すみません。気づきませんでした」

お客「じゃあ、ハマチ」

大将「300円です」

お客「大将もノってきたねぇ」

お客「次はいくら」

大将「500円」

お客「同じパターンはいらないよ」

お客「甘エビおくれ」

大将「やだぁ〜、お客さ〜〜ん。これ食べてぇ〜〜」

お客「甘えておくれ、じゃなくて」

お客「次はすずき」

大将「あたしゃ、佐藤です」

お客「うわぁ〜〜〜〜、ベッタベタな返し」

お客「えんがわがいいかなぁ〜」

大将「いい天気ですねぇ、じいさんや」

お客「そうだのぉ、ばあさんや。
   って、小芝居させないで」

お客「まぐろ」

大将「お客さんの将来ですねぇ」

お客「何、何?」

大将「お先、まっぐろ」

お客「うまいこと言うなぁ〜、って、おいっ!」

なっ、つまらんやろぉ〜。

まっ、ええか!

 
人気ランキング
ポチッとしてくれたら、
めっちゃうれしいな。


プロフィール
楽しい生活プランナー
田舎暮らしアドバイザー・遊酔

さまざまな仕事をしながらも、なぜか貧乏。田舎に移住して、笑って暮らす。嫁と息子、ワン公との3人+1匹暮らし。お金がなければ、自分でやる!を基本姿勢として、たくましく生きている。DIYアドバイザーの資格を持ち、いろんなものを自分で作り、遊ぶ。
  • ライブドアブログ