貧乏遊酔の『お笑い免疫力向上PROJECT』

笑いは、心と身体の免疫力を高め、病気まで直してしまいます。

2014年12月

オリジナルかるたで遊ぼう!

みなさん、「上毛(じょうもう)かるた」って、
知ってます?

群馬県で昭和22年に作られ、
群馬の土地や人、できごとを詠んでいる、
郷土かるたなんです。

群馬県民は小学校で教えられ、
ほとんどの人が憶えているそうです。

郷土愛を育むためのかるたで、見事成功しています。

たとえば、次のようなものがあります。

「浅間のいたずら 鬼の押出し」
「草津よいとこ 薬の温泉(いでゆ)」
「花山公園 つつじの名所」

てな感じです。

そこで、これを参考に、
私もかるたを作ってみました。

郷土愛なんてものは持っていないので、
自分のことをかるたにしてみます。

「私の辞書から消えている
 我慢のふた文字黒マーカー」

「腹一杯 それでも食べる ノド一杯」

「好きな言葉 時間無制限食べ放題」

「明日でいいことは 明後日でもいい」

「歴史はすべて 過ぎたこと」

「上を向いて歩くな 下にはお金が落ちている」

「拾う もらう 作る それが生き抜く力」

「注文の面倒なスタバより
 男はマクドのホットコーヒー」

「男のTシャツ ワークマンで決まり」

「過ぎ行く季節に しまむら直行」

「これにも貼って 値引きシールをねだるべし」

どう?

何が?

まぁ、ええか!

どういうこと?

じゃ!

おいっ!

「大阪トンテキ」にやられた!

あぜ道から見る田畑の実りは、
日々、飽きることのない人生を教えてくれる。

小さなことに眼を留める気持ちがあれば、
幸せは自身の近くにある。

農村詩人・遊酔。

棚に並んだ新商品たちは、
日々、飽きることのない刺激を与えてくれる。

黄金に輝くチキンはまぶしく、
おでんの湯気は鼻腔をくすぐる。

小さなスイーツたちは、
ゆったりとした午後のひとときを空想させる。

あぁ、愛しのコンビニよ。

ローソン詩人・遊酔です。

なんて豊かな国に生まれたんでしょう。
美味しいものがいっぱい。

グルメの国で、迷子になりそうです。

何、言うとんねん!

たとえ貧乏でも、
それなりに美味しいものが食べられるのは、
とっても幸せなことだと思います。

先日、急用で大阪に出掛けた時に、
「大阪トンテキ」というお店に行ってみました。

前々から行ってみたいと思っていたので、
「ええい、ついでや!」となったんです。

基本メニューである「トンテキ定食」を頼み、
しばしワクワク。

来ました、来ました。パチパチパチ!

分厚い肉が、ドドォ〜〜〜〜〜ン!

うほほぉ〜〜〜〜い!

こ、これが憧れの「大阪トンテキ」かぁ〜。
ニュルッ! よだれです。

おおぉぉぉ〜〜〜、何ということでしょう。

鹿の鳴き声の聞こえる山奥で、
夢にまで見た「大阪トンテキ」が、
いま私の眼の前に現れたんです。

しばし眺めていたかったけど、
手が勝手に動き出し、
すでにナイフとフォークを掴んでいました。

ワシワシワシ。
肉をすべて、食べやすい大きさに切って、
手に箸を持ち、いただきまぁ〜〜〜す。

パクッ!

こ、これは。う、旨い! やわらかい。

噛むと、じゅんわぁ〜〜〜と
舌の裏側にまでまわり込む、
豚肉の旨味と脂の甘み。

これぞ、豚肉の妙味。
牛肉にはない奥深い味わいが、
「やっぱ豚の方が旨いね」と思わせてくれます。

牛肉を食べた時は、
「やっぱ牛肉だわ」となりますが。

コテッ!

また、掛かっているソースがベッピン!

やだよ、この子は。
親をからかうんじゃないよ。

絶品や!

ウスターソースを二塁ベースにして、
ただのベースや! 言うなら、ホームベースや!
しょうゆとか何かを入れてるみたいですが、
このソースが豚肉とトシちゃんしてるんですよ。

へっ?

よっちゃんか?

マッチや!

このソースが絡んだ千切りキャベツが、実にいい。
これだけで、ご飯が食べられます。

キャベツをお代わりしたいくらいです。

最後にソースが残るんですが、
ここにご飯を入れて食べたいです。

家なら、絶対にやりますね。

一応私も大人なんで、お外ではやりませんが。
やりてぇ〜。

ほんで、ご飯も旨いんですよ。

そんなに高いお米じゃないと思うけど、
上手に炊いてはるわぁ〜。

味噌汁もダシがよく利いて、私好み。
ご飯がすすむ。

いやぁ〜、満足満足。
これで、820円は安い。

大阪にはなかなか行けないけど、
また会おうね、トンテキ。

シーブー!

 

丼いろいろ。

「ラーメン つけ麺 ぼくイケメン!」に次ぐ、
新ギャグ。

「牛丼 カツ丼 ぼく西郷どん オーケー!」

名字が「西郷」っていう人しか使えませんが……。

コテッ!

全国の西郷さん、よければ宴会で使ってください。

「天丼 豚丼 ぼく西郷どん!」でもいいですよ。

「ウニ丼 しらす丼 ぼく西郷どん!」でも…

もう、ええ!

しっかし世の中には、
「丼」っていろいろありますよね。

親子丼、玉子丼、他人丼、中華丼、麻婆丼、
うな丼、海鮮丼、まぐろ丼、いくら丼……
まだまだあります。

木の葉丼、山かけ丼、すき焼き丼、
天津丼、かき揚げ丼。

素うどん、天ぷらうどん、きつねうどん。

それ、丼とちゃうし。

おいどん、ラドン、アルマゲドン。

ちょいちょい!
それ、食べ物ちゃうがな。

変わったところでは、沖縄の海ぶどう丼とか、
琵琶湖周辺のブラックバスを使ったバス天丼。

大阪にいたっては、
天かす(揚げ玉)を玉子でとじただけの
ハイカラ丼やご飯の上にお好み焼きをのせた
お好み焼き丼なんてのもあります。

たこ焼きを玉子でとじたたこ焼き丼もあります。

さすが大阪です。発想が違う。

まぁ、ご飯に合うものなら
何でもアリって感じですかね。

アジの開き丼なんて、どうですか?

ご飯にのせんでもええ。

あら、そう。

梅干しをご飯の上に敷き詰めた梅干し丼は?

台車に腹這いになって、
飛んでるマネせなあかんやん!

はぁ?

梅干し食べて、スッパマン!

コテッ!

わさび漬けをご飯の上に敷き詰めるのは?

食えるかい!

じゃあ、ご飯の上に昆布の佃煮をのせて、
海苔で全体を覆ってしまうのは?

それ、のり弁! 普通に売ってるわ!

エッ、もうあるの?

お前さっき、楽屋で食べてたやないか!

バレちゃあしょーがねぇなぁ〜。
私は、怪人二十面相だ。

何で、古い漫才のネタになっとんねん!

もう、ええわ!
はぁ〜、さいならぁ〜。

 
人気ランキング
ポチッとしてくれたら、
めっちゃうれしいな。


プロフィール
楽しい生活プランナー
田舎暮らしアドバイザー・遊酔

さまざまな仕事をしながらも、なぜか貧乏。田舎に移住して、笑って暮らす。嫁と息子、ワン公との3人+1匹暮らし。お金がなければ、自分でやる!を基本姿勢として、たくましく生きている。DIYアドバイザーの資格を持ち、いろんなものを自分で作り、遊ぶ。
  • ライブドアブログ