貧乏遊酔の『お笑い免疫力向上PROJECT』

笑いは、心と身体の免疫力を高め、病気まで直してしまいます。

2014年01月

ミッション「恵方巻きををつくる」。

いやぁ〜、もうすぐ節分ですねぇ〜。

節分と言えば、久保田早紀の歌を思い出します。

♪子供たちが空に向かい
 両手をひろげ
 鳥や雲や夢までも
 つかもうとしている
 その姿は 昨日までの何も知らない私
 あなたに この指が届くと 信じてた
 空と大地が 触れ合う彼方
 過去からの旅人を 呼んでいる道
 あなたにとって私 ただの通りすがり
 ちょっと振り向いてみただけの恵方人♪

コテッ!

最後だけかい!

それに、恵方人って何やねん?

知らん!


そう、2月3日は巻き寿司を作る日です。

えっ、買うの?
あんた、もしかしてお金持ち?

うちは3人家族で10本はいるから、
作らないとお金が掛かるのよ。

で〜も、一度だけ買ったことがあります。

ローソンで1本。ファミマで1本。
スーパー「松源」で2本。
スーパー「オークワ」で1本。
Aコープで1本。

味比べも兼ねて買ったんですが、
どれも大したことなかったんですよ。

大金をはたいた割に、満足できなかったから、
買うのはそれっきりとなりました。

そりゃあ、百貨店で
高級海鮮巻きなんていうものを買えば、
美味しいかもしれないけど、
うちが食べる量を買ったら、
預金が無くなっちゃうし。

元々無いけど。アハ〜ッ!

近くに百貨店も無いけど。ウフーッ! ←これ何?

適当!

だから、うちで作るしかないのよ。


あっ、豆も買わなきゃ。
鬼のお面ももらわなきゃ。

別に使わないけど、鬼のお面がついてたら、
かぶってしまいますよね?

取り敢えず両手をあげて、
ガオーッ! って言いますよね?

泣く子はいねぇがぁ〜、って言いますよね?

それ、違うし。

鬼だぞう!って言いますよね?

見たらわかるっちゅうねん!

えっ、見たらわかる中年ってか?

私も老けたもんだねぇ〜。


つうことで、巻き寿司を作りますので、
2月3日はおヒマをいただきます。

毎日ヒマだけど。

どうすんの?

カウボーイ家族体験記。

ステーキ・ハンバーグ&サラダバーの
「カウボーイ家族」に行ってきました。

行くか行くまいか、数ヶ月迷った末、
「男になれ、遊酔!」と、
自分を奮い立たせました。

なぜ、そんなに迷ったのかって?

この手のお店では、
「けん」と「ステーキガスト」に行ったことがあり、
“なんか、いまいちやなぁ〜”と思っていたので、
郵貯してたんです。

利息が一番高いからねぇ〜。

ちが〜う! 躊躇!

でね、「けん」はまぁまぁかなぁ〜。
年に1、2回なら行ってもいいなぁ〜、
と思うお店です。

「ステーキガスト」は、ヘッ、所詮ガストか。

サラダバーは野菜がヨレヨレやし、
種類も少ないしね。

肝心のステーキが、ケッ! でした。

てなことで、
「また食べたい」「めっちゃ美味しい」
とは思わなかったので、
「カウボーイ家族」では迷ったんです。

でも、俺は男だ。エシェー、吉川君!

女性だけどカウボーイ姿の
店員さんに案内され、着席!

ここは先に、「起立! 礼!」からやろ。

何の話をしとんねん。

で、ステーキ&ハンバーグを注文。
ソースは、デミバターソースとやらにしました。

すぐにサラダバーに直行し、皿を手に持ち、
キャベツ、大根と水菜、ポテトサラダ、
マカロニサラダ、なぜかひじきの煮物、
コールスローサラダ、トウモロコシを入れて、
イタリアンドレッシングをジョロ〜〜。

フムフム。野菜はシャキシャキ。
ポテサラ、マカサラ、コスロサラも悪くない。

へぇ〜、ステーキガストより旨いやん、です。

一緒に持ってきていた、ミートソーススパゲティは、
何の特徴もないけど、普通に美味しかったですよ。

下々の者が好きな味ではないのかな。

お前や、下々は!

えらい、すんまへん!

サラダバー第1回戦が終わる頃、
ジュージュー音を立てて、
ステーキ&ハンバーグが運ばれてきました。

子どもの頃なら、
「うわっ、美味しそう。ヤッター!」
と思うんでしょうが、
何ぶん、すれた中年なんで、何も感じません。

まずは、何もつけずに食べてみました。

ステーキは、やや弾力があるものの、
肉を楽しめる味わいです。

関ジャニエイトの村上君が好きな肉だと思います。

って、そんな情報いらんねん。

ずっと食べてると、疲れますけどね。

ハンバーグは、牛肉100%ですが、
私のアメリカンな口にはちょっと合いません。

私は、赤身ばかりをしっかりと固めた、
強い弾力があるハンバーグが好きなんです。

「ココス」のビーフハンバーグが、いま一番です。

カウボーイ家族のハンバーグはやわらかくて、
「ビッグボーイ」の
大俵ハンバーグの味に似ています。

途中、サラダバー第2回戦へも出掛けました。

皿を手に持ち、キャベツ、大根と水菜、
ポテトサラダ、マカロニサラダ、ひじきの煮物、
コールスローサラダ、トウモロコシを入れて……。

第1回戦と同じかい!

いえいえ、
ドレッシングは和風しょうゆにしましたよ。

あっ、ごはんも2皿たべちゃったので、
サラダバー第3回戦はやめました。

ステーキ&ハンバーグも食べ終わったので、
デザートとして、プリンとフルーツヨーグルト、
バニラソフトと書かれていたけど、
これジェラートやし、というものを食べました。

平日ランチタイムなら、
150円でドリンクバーがつけられるので、
オレンジジュース、
カルピスとカルピスソーダのチャンポン、
ホットコーヒーを飲んで、フィニッシュ。

う〜ん、まぁ、こんなもんやろ。
多少期待は裏切られましたが、想定の範囲内です。

もう行くことはないでしょう。

3つのステーキ&ハンバーグのお店の中では、
「けん」だけが勝ち残りです。

でも、安いステーキを食べて、いつも思います。

「俺、焼肉の方が好きやわ」と。

ほんなら、行くなよ!

その通り!
でも、新しいお店には行ってみたいんですよ。

体験しておかないと、航海しそうで。
俺は海賊王になる!

じゃなくて、後悔。

まぁ、だいたいチェーン店は後悔しますけどね。
アハーッ!

まっ、それも人生を楽しむコツさ。

 

わが町ご当地グルメ。

風呂場で石けんを泡立てて、顔半分に塗った。

アシュラ男爵になるかと思ったのに、
顔半分が小梅太夫になっただけの遊酔です。
52歳です。

「日本全国ご当地スーパー 掘り出しの一品」
という本が面白そうです。

それによると、私が昔から知っていて、
てっちり全国的な、
てっきりや! 何でフグやねん!
お菓子だと思っていた「満月ポン」が、
大阪のご当地ものだったのには驚きました。

そう言えば、「ぼんち揚げ」が
関西だけのものだと知った時もショックでした。

関東で言えば、
「歌舞伎揚げ」と同じようなお菓子です。

こんな風に、全国版だと思い込んでいても、
地元だけのものだってことは、結構あるようです。

まぁ、“ご当地もの”が流行っているので、
これを機会に全国展開を狙うってのも、
いいじゃなぁ〜い!
by高松しげお。

で、わが地方にはどんなものがあるのかを
ググってみたら、ショボッ!

お菓子はなかったので、グルメをご紹介します。

ひとつめは、「はまキャベツスペシャル」。

お好み焼きにタルタルソースを大量に塗りたくって、
な、な、なんと、上にキーウィをのせていました。

いくら変な料理を考える私でも、
これはゲロゲローです。

タルタルまでは許せますが、キーウィかよ! です。

ふたつめは、「せち焼き」。

焼そばを玉子だけで固めた、モダン焼きもどきです。
味は簡単に想像できますし、面白くありません。

みっつめは、わが町の「ほろほろラーメン」。

ほろほろ鳥って、知ってます?

これくらいの大きさで、
カタチはこんな感じで、模様がこんなんです。

わかるかい!

フランス料理でよく使われる食材です。
わが町の隠れ過ぎた特産品なんです。

知られてないんかい!

そのほろほろ鳥のスープと
チャーシューを使ったラーメンなんです。

ほろほろ鳥ののったうどんは
食べたことがありますが、
「ふ〜ん!」でしたけどね。

でも、スープもほろほろ鳥だとすると、
味は想像できません。

一度食べてみようかとも思うのですが、
ちょっと地元愛が欠けていて、
マズかったらお金がもったいないし、
と思っています。

あまり期待できるお店じゃないもんでね。

シィーッ!
田舎やから、悪口言うたらすぐに伝わるで。

ほんまやなぁ〜。
内緒やで。

田舎では、内緒やでと言っても、
50人くらいには知られてしまいます。

田舎暮らしを夢見ている方は、ご注意ください。


てなことで、わが地方には
いまいちご当地グルメがありませんでした。

そろそろ、私の出前ですかね。

って、遊酔ちゃんを持っていくの?

出番や!

ほんじゃ、何か考えてみますか。
いつになるか、わかりませんが。

 

カニが食べたい。

道端に「モクズガ二」のご遺体があった。

我が家のアホ犬コロンはクンクンしたけど、
知らんぷりで通り過ぎた。

随分前だけど、山の中なのに、
なぜかズワイガニの殻があった時は、
パクッとくわえて逃げようとした
コロンの飼い主、遊酔です。

その動きがむちゃくちゃ素早かったので、
可愛かったですよ。

海のカニの方が好きなんですね。私もそうです。

大昔、北海道で
三大ガニの食べ比べをしたことがあります。

毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニ。

毛ガニは通好みなのか、クセが強いので、いまいち。

ズワイガニは、あっさりしていて、
どれだけ食べても飽きない味。

タラバガニは、しっかりとした肉で、甘みが凝縮。
三大ガニでは一番美味しかったと思います。

しかも、太いので、
カニを口いっぱいに頬張る幸せを体験できました。

…………ハァ〜。
幸せだったなぁ〜、あの頃。

カニ、カニ、カニ、カニ………蟹江敬三?

はぁ?

せめて、3年に一度くらいは、
タラバガニを食べたいです。

たまに、歌を唄ってしまうくらいに、
思い焦がれています。

♪タラバ 地球よ 旅立つ 船は〜♪

ドテッ!

そうそう。最初に登場した
「モクズガ二」というのは、
グーグルで調べればわかる特徴で、
うちの横の川にも結構います。

もらって食べたことがありますが、
ん〜ん、どうでしょう?
と、長嶋茂雄になってしまいます。

好きな人にはたまらないらしいのですが、
うちもお金がたまりません。

なんとなく毛ガニに似たクセがあるように思います。
やっぱ、通好み?

甲羅が7〜8センチくらいなので、
川ガニとしては大型ですが、
あまり食べるところがないんです。

まぁ、味噌汁のだしとしてなら、いいカモメ?

どこどこ?

ハーバーに!

散髪屋さんか?

それ、バーバー!

ジャイアント?

馬場!

モクズガ二は、小さいのに
一杯500円くらいはするらしいので、
それだけ好きな人が多いんでしょうね。

私は、同じ川にいる「手長エビ」の方が好きです。
唐揚げにすると、やたらと旨いんです。

数年前までは、よく獲って食べていました。
でも、いまでは獲りに行くのさえ面倒で。

妙に田舎慣れしたというのか。
ダメですねぇ〜。

都会人的興味を持たなければ……。

 

今年の抱負。

我が家のアホ犬コロンと散歩していた時。

コロンがウ○チをしたので処理していると、
私の横でコロンがまたウ○チをし始めた。

そんなことって、ある?

おのれはナメとんのか、コラッ!
日頃の仕返しのつもりか!
イヤがらせやろ!
憶えとけよ!

コロンごときにナメられたんじゃあ、
ドッグキラーの名がすたるぜ。

俺の黄金のライトハンドにかかれば、
ワン公はみんな俺のとりこさ。

おっちゃん、来てーっ!
おっちゃん、連れて帰ってぇ〜!

と、騒ぎまくるんだぜ。

ところがどうだ。

コロンときたら、俺が近づくと、喜びながらも、
いつでも逃げられる体勢を取ってやがる。

コロン、あんたが初めてだよ。
俺にのめり込まなかったやつは。

ギンギンに燃えてくるぜ!

必ずお前を落としてみせる!!
待ってろよ!


さて、今年の抱負を書いたところで……。

ええぇぇ〜〜〜、それが抱負なん?

そうです。他にはありません。

私は、思いつくままを片っ端からやっていくので、
特に今年の目標などはありません。

あれも、これも、それも、とりあえずやってみよう!
と、やってしまいます。

だって、いまやらないといつやるの? です。

私の寿命は120円。年や!

あと70年しかありません。
体力もどんどん落ちています。

まぁ、体力が無いとできないことを
やりたいと思うような人間ではありませんが。

私のやりたいことは、
だいたいが食べることや喰うこと、
食すること、口に入れること、
腹に入れることですけどね。

ぜ〜んぶ一緒や!

でも、これを実践するには、
健康を維持しなくちゃいけません。

そのためには多少の運動も必要ですが、
これがキライで、キライで。

いまは朝の散歩だけです。
例のコロンと一緒にね。

クソーッ、あの野郎!

思い出させんといてや。

あんたが書いとんねん!

フムフム!

ケンちゃんとフムフムは元気だろうか?

タンちゃんとペロくんはどうしているだろう?

知らん!

ブッチー、ペンチー、フトッチーは、
まだ旅を続けているんだろうか?

えっ、話がわからないって?

私とあなたは、どこまで行っても鉄道のレール、
平行線のままね。交わることはないわ。

だったら、
いつまでも一緒にいる意味などないわよね。

アーッハッハッハ!
それは無理なんだよ。

鉄道が廃線にでもならない限り、
レールは平行線のまま、
一緒にいなければいけないんだ。

そうだったのね。なんて私はバカなの。

バーカ、バーカ!

バカって言うもんがバカやろ!

ペシッ!

痛っ!

バシッ!

やったな!

ペシッ! バシッ! ボコッ!

おい、足を使うの反則やろ!

関係ないわよ!


どこまで行くのかわからないので、もうやめます。

 
人気ランキング
ポチッとしてくれたら、
めっちゃうれしいな。


プロフィール
楽しい生活プランナー
田舎暮らしアドバイザー・遊酔

さまざまな仕事をしながらも、なぜか貧乏。田舎に移住して、笑って暮らす。嫁と息子、ワン公との3人+1匹暮らし。お金がなければ、自分でやる!を基本姿勢として、たくましく生きている。DIYアドバイザーの資格を持ち、いろんなものを自分で作り、遊ぶ。
  • ライブドアブログ