貧乏遊酔の『お笑い免疫力向上PROJECT』

笑いは、心と身体の免疫力を高め、病気まで直してしまいます。

チャーシューの葛藤。

ラーメンのチャーシューをいつ食べるか。
いつも悩んで、疲れてしまいます。

最初にスープをすすって、次に麺。
次も麺。

メンマを1つつまみ、口にパクッ。
そして、麺。

チャーシューはまだ早い。

ナルトでも食べておくか。
また、麺。

次は、メンマと麺を絡めてすする。

スープをズズッと。

いよいよか?

いや、待てよ。

チャーシューは2枚しかない。
ここで1枚食べると、
しばらくはチャーシューに出会えない。

麺、スープ、メンマを繰り返すことになる。

やはり、途中で肉したい。

ならば、もう少しの我慢我慢。
麺を味わう。

3回4回、麺をすすって、いざ鎌倉へ。
表現が古い!

お・ま・た・せ。

行くよ!
カプッ!

パクッ! ではなく、カプッ!
それは、何を意味するのか。

私は、チャーシュー1枚を
ひと口で食べることに抵抗があります。
もったいなくて、できないんです。

貧乏が染みついて、半分食べるのがやっとです。

どうぞ、罵ってください。
小さい男です。

でも、半分チャーシューに幸せを感じます。
ここまで待った甲斐がありました。

お口の中が、肉ランド。
ワンダホー!

残り半分とは、しばしお別れです。
すぐに来るからね。

そして、麺を食べ食べ、半分チャーシューと再会。

パクッ! 旨い。

大丈夫、もう1枚残っているから。
と、自分を励ます私。

また麺を食べ食べ、フィナーレを迎えます。

最後の最後にチャーシューを食べたいのは
やまやまなんですが、
それをやると、まわりの人に、
私がセコい貧乏人だと悟られてしまいます。

だから、勇気を振り絞って、麺を少し残しての、
チャーシューとなります。

あぁ〜もう終わるのか。
これで最後なのか。

淋しくなるね、チャーシュー君。
今度は、いつ会えるのかね。

名残惜しいけど、
君を連れて帰ることはできないからね。

私は、決断します。

最後の1枚を贅沢にひと口で食べることを。

パクッ!
おおおおぉぉぉぉ〜〜〜〜、一気食いとは、
これほど旨いものなのか。

口の中が、肉肉肉だよぉ〜。
嬉しいよぉ〜。

私はなんて幸せなんだ。
涙をこらえながら、
じっくりゆっくりチャーシューを味わいます。

残った麺とスープを平らげ、ごちそうさまでした。

あぁ〜疲れた。
悩まずにチャーシューを食べる方法は
ないものでしょうか。

遊酔ちゃん、あるよ!

えっ、どうするの?

チャーシュー麺を頼めばいいんだよ。

あんた、貧乏人をバカにしてんのか?

チャーシュー麺は、55年の生涯で、
1回しか頼んだことがありません。

金持ちはええなぁ〜。

じゃ!

 

ハワイなど、どうでも良いわ!

ここで問題です。

孫子は兵法。
では、さぶちゃんは?
 :チ
 :チ
 :チ
 :チ
 :チ
ヘイヘイホー!

正解です。
ゴンドラが10段階上がります。

おめでとう!
ハワイ旅行、獲得です。

ハワイに行ったら、何をしたいですか?

そうですねぇ〜、
ビーチでパツキンのおねえちゃんを眺めた後、
丸亀製麺で「ガーリックチキンサラダうどん」と
「スパムむすび」を食べたいです。

何で、ハワイまで行って、丸亀製麺やねん。

だって、ロコモコはただのハンバーグ丼だし。
シェイブアイスは、歯がハホハホするし。
ガーリックシュリンプは、辛そうだし。

だったら、丸亀製麺で
日本にはないメニューを食べた方が面白いじゃん。

な〜んて言っても、
ハワイに行くお金はないもんねぇ〜だ!
ざまあみろ!

って、誰に言うとんねん!

まぁ、最近はハワイも安いけどね。

でも、ハワイに行くお金があったら、
ホテルのバイキングに行った方が嬉しいです。

どんな思考回路しとんねん!

私にとって一番大切なのは、
どんなものが食べられるか、です。

だから、ハワイよりもホテルです。

私から食べることを奪ってしまうと、
知性と美貌しか残らないじゃないですか。

バシッ! ドスッ!

お願い。顔だけは殴らないで。
顔は女優の命なの。

あんた、おっさんやろ!

おやぁ〜〜。

つうことで、ホテルバイキングを目指して、
節約だぁ〜。

 

夏はインドア!

湯船に浸かると数を数えてしまう、55歳の遊酔です。

幼い頃の習慣は、なかなか抜けませんよね。

って、何年引きずっとんねん!

だって、三つ子のおねえちゃんは、
よしこちゃんって言うでしょ?

そうそう。

♪マハリク マハリタ ヤンバルクイナ
 アホーの国から やって来た
 ちょっとおちゃめな 55歳
 遊酔 遊酔 不思議な思考で町中に
 夢と笑いをふりまくの 遊酔 遊酔
 アホー使い 遊酔
 アホー アホー 遊酔ちゃ〜〜ん♪

誰がアホやねん!
アタシだよ!

わかっとるんかい!

薄々感づいてはいました。

コテッ!

しかしまぁ、何ですな。
夏ですな。

もう秋やけど、夏の話。

味噌炒めが旨いのは?

茄子ですな。

夏と言えば、冷房の効いた部屋で、
海外ドラマを観るのが一番です。

お外には行きたくありません。

でも若い頃は、海だ、山だ、川だ、麦茶だと、
とってもアクティブだったんですよ。

スキューバダイビングやウィンドサーフィン、
バイク、釣り、登山、キャンプ、エビ獲り、
麦茶の一気飲みなんかをバンバンやっていました。

それがいまでは、うっかりインドア派。

すっかり、やろ!

だって、暑いのイヤじゃん。
熱中症になるし。

まだ、人生を終わらせるわけにはいきません。

お外で遊びたくはないけど、
行きたいところはいっぱいです。

「群馬県レトロ自販機ツアー」もやりたいし、
「北陸回転寿司ツアー」もやりたいし、
「名古屋モーニングツアー」もやりたい。

やりたいことだらけで、人生が足りません。
急がなきゃ。

 

私の汗は、ナイアガラ!

私が子どもの頃、
悪いことをすると押し入れに閉じ込められ、
つっかえ棒で出られなくされていました。

でも、押し入れの中の隙間を移動して、
反対の扉から脱出していました。

そんなことには、頭が働きます。

昔から、かくれんぼや缶蹴りは強かったんです。

人の裏をかくのが得意でした。

いまでは、身体が固くて、背中もかけません。
乾燥肌で足はよくかいてますけどね。

あぁーーーイライラする!

子どもの頃は、何も考えずに遊んでばかりでしたね。
いまもあまり変わりませんが。

カクンッ!
働けよ!

良い子のみんな。
遊んでばかりいると、
おじさんのようになってしまうぞ。

でも、いっぱい遊ぶと経験値が高くなって、
いろんなステージをクリアしやすいよ。
人生のステージをね。

何を言うとんねん!

ところで、久々に「すたみな太郎」に行きました。
平日の食べ放題ランチが1009円。

やってみたいことがあったから、
しょぼい肉には目をつぶることにしました。

で、1つ目は「肉寿司」。

焼いた牛肉をにぎり寿司にすること。

イカのにぎりを取ってきて、イカは焼いてパクパク。
残ったシャリに、
タレをつけた焼き肉をのせて、完成。

フムフム、普通に旨し。

もう1つは、「すしやのカレー」。

くら寿司のメニューにある、
酢飯で食べるカレーライスです。

これもイカのにぎりを取ってきて、
イカはサラダに混ぜてパクパク。

残ったシャリにカレールゥをかけて、完成。

フムフ……ん?

カレールゥに負けて、酢飯がわからなくなります。
酢飯の必要はありません。

よって、「すしやのカレー」は食べない。

って、元々外でカレーは食べませんけどね。

何で、外でカレーは食べないの?

干からびるからだよ。

銀河・流星の滝のごとく、
ドバドバーーッと汗が流れるんです。

自慢じゃないけど、それはそれは汚い光景です。

自慢じゃないね。

あら、そう!

自分でも耐え難いので、外で辛いものは食べません。

昔、ネパール料理を食べに行って、
ナイアガラの滝になったことがあります。

甚だ簡単ではございますが、
本日のごあいさつに代えさせていただきます。

ご精読ありがとうございました。

 

沖縄移住を考えてみた。

嫁はんが、「お昼、サンドイッチでいい?」
と聞いてきたので、手をお尻に挟んで、
「お尻サンドイッチ!」と言ってみた。

あまりのバカさに、2人とも声を出さずに、
笑ってしまいました。

自分でもやっぱりバカだと確信しました。

まぁ、しかし、自分でもビックリするほど、
バカなことを考えます。

っていうか、自然と頭に浮かんでくるから、
一種の才能かもしんない。

何の才能やねん?

いつかどこかで
役に立つかもしれないじゃないですか。

んなこたぁ〜ない!

まっ、楽しければええか!

そうそう。

そうそうと言えば、「涙そうそう」。

♪古いアルバムは 古い〜♪

コテッ!

何の意味もない。

沖縄はいいですねぇ〜。

移住しようかと思ったことがありますが、
台風がすごいのでやめました。

鉄筋コンクリートの家に住まなければ、
安心できませんが、そんなお金はありません。

そうなると、賃貸マンションですが、
何か味気ないし。

時々行ければいいんですが、そんなお金もない。

取り敢えずは、1ヶ月くらい滞在してみ滞在。

「ポークたまごおにぎり」や「キロ弁」、
「バクダンおにぎり」も食べてみたい。

どんなものかは、ネットで調べてみてね。

待っていてね、沖縄。
シーユー!

 
人気ランキング
ポチッとしてくれたら、
めっちゃうれしいな。


プロフィール
楽しい生活プランナー
田舎暮らしアドバイザー・遊酔

さまざまな仕事をしながらも、なぜか貧乏。田舎に移住して、笑って暮らす。嫁と息子、ワン公との3人+1匹暮らし。お金がなければ、自分でやる!を基本姿勢として、たくましく生きている。DIYアドバイザーの資格を持ち、いろんなものを自分で作り、遊ぶ。
  • ライブドアブログ